結婚内祝いで贈るものに困らない!ブランド力のあるカタログギフトをネットで注文できる有名店5つ。 - 二人暮らしの記録~くまさん友の会~

結婚内祝いで贈るものに困らない!ブランド力のあるカタログギフトをネットで注文できる有名店5つ。 - 二人暮らしの記録~くまさん友の会~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚内祝いで贈るものに困らない!ブランド力のあるカタログギフトをネットで注文できる有名店5つ。

プレゼント(Present)
プレゼント(Present) / kanonn



結婚はお祝いをもらうことの多いイベントです。

もらったお祝いにお返しをするのがマナーですが、どのようなお返しがよいのだろう?

これに多くの人が頭を悩ませます。


内祝いとは



本来、内祝いは幸せのおすそ分けという性質の贈り物だったのですが、

最近では頂いたお祝いのお返しという認識が一般的になってきました。

多くの場合、結婚式に参列された方は、ご祝儀という形で結婚祝いを渡し、

引き出物という形で内祝いをお返しする方法をとります。

しかし、結婚式に参列されない方から結婚祝いをもらうこともあり、

そのような方に「結婚内祝い」を贈るのが一般的なようです。


また、結婚式で頂いたお祝いのお返しが、引き出物では不十分な場合も

結婚内祝い」を贈るようにします。


内祝いを贈る目安



結婚内祝いの場合、頂いたお祝いの30%~50%程度の金額の物品を贈ります。

もらう相手のことを考えて物品を選びましょう。


場所を取るものや記念品のようなものは特に不評です。
(使い道がなく、置く場所に困るため)

相手が喜ぶものをチョイスしましょう。

よく見かけるのが、タオルセットのような日用品、長期保存可能な食品詰め合わせです。

しかし、タオルセットはお中元などでもらっている人も多く、

もらったけど使う機会がないと困る場合もあるようです。


このようなこともあって、結婚内祝いに頭を悩ませる人が続出しています。



結婚内祝いで悩んだり困ったりするのを解決するには



悩んで贈った割に相手は喜んでくれないことが多い内祝いですが、

贈る方は悩む必要がなく、もらった方はうれしい気持ちになるものがあります。


それは、近年定番となってきた「カタログギフト」です。


もらったことのある人も多いのではないでしょうか。

カタログギフトの良いところは、贈る側が悩まなくてよくて、

もらう側は自分のニーズに合ったものを選べてうれしい気持ちになります。


どこのカタログギフトが喜ばれるのか



インターネットでカタログギフトを探すと、星の数ほど出てきます。

自分の好きなカタログギフトを使うのが一番ですが、

贈り物なのでブランド力があると安心できますし、もらう方もうれしいものです。

以下にカタログギフトをネットで注文できる有名店を6つ紹介します。


高島屋オンラインショップ



バラのマークで有名な老舗百貨店。

カタログギフトのローズセレクションは定番で特に人気があります。

宿泊やディナーのギフトや家事代行サービスのような変わり種まであるのは驚き。

僕たちはお祝いをくださった方々に、ローズセレクションを贈りました。





東急百貨店ネットショップ




呉服店系の白木屋と鉄道系の東横百貨店が合併してできた、

東急グループの中核をなす老舗百貨店。

流行の最先端、東京・渋谷で磨かれたセンスが光るカタログギフトが魅力的です。

服飾も選べるものもあり、他店との差別化を図っています。





大丸松坂屋オンラインショッピング



名阪の老舗百貨店が合併してできた大丸松坂屋。

名阪では圧倒的な知名度とブランド力を誇っています。

カタログギフトは特に個性的で、専門カタログギフトには雑誌の定期購読を贈るものや

フラワーギフトもあります。

専門カタログギフトの中でも、日本の伝統工芸品などの

メイドインジャパンにこだわったカタログギフトは特にオススメです。





ゼクシィStore〜結婚お返しギフト〜



圧倒的な情報量で有名な結婚情報誌ゼクシィと伊勢丹三越がコラボしたネットショップ。

伊勢丹三越の結婚内祝いのカタログギフトはここでしか注文できません。

クルージングディナーや名門旅館への宿泊ギフトなど、

ご招待系のカタログギフトが充実しています。





ダイエーネットショッピング



経営不振から復活した大手スーパーのダイエー。

2600円~53000円まで14コースのカタログギフトを取り扱っています。

他店のカタログギフトと違うのは、用途に合わせた挨拶状を同封してくれるところ。

先様に丁寧な印象を与えられるのは大きなメリットだと思います。




今回のまとめ



カタログギフトは、お祝いをくださった方々に喜んでもらえる可能性が非常に高い贈り物です。

星の数ほどあるカタログギフトから、ステキなものを選ぶのは難しいのですが、

長年の積み重ねにより信頼を誇るお店であれば、

結婚式の内祝いという重さに耐えうるブランド力がある。


そのような発想から6つの有名店を選んでみました。


カタログギフトには多くのギフトを掲載しなければならないので、

百貨店の品ぞろえの豊富さが活かされていると感じました。


結婚内祝いは、これからもよろしくお願いします!というメッセージも込めて贈るものなので、

よく比較検討して、納得できるものを贈るようにしたいものです。


冠婚葬祭マナー大事典 (学研実用BEST暮らしのきほんBOOKS)

学研ライフ&フーズ編集室 学研パブリッシング 2011-09-13
売り上げランキング : 171948
by ヨメレバ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
-->
トラックバック

http://kumasantomonokai.blog.fc2.com/tb.php/15-278ce0de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。