【ふたり暮らしの家計】共働きふたり暮らしにオススメ!家計管理が楽になる共同管理型生活費拠出制! - 二人暮らしの記録~くまさん友の会~

【ふたり暮らしの家計】共働きふたり暮らしにオススメ!家計管理が楽になる共同管理型生活費拠出制! - 二人暮らしの記録~くまさん友の会~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ふたり暮らしの家計】共働きふたり暮らしにオススメ!家計管理が楽になる共同管理型生活費拠出制!

MYパーソナル ATM貯金箱(箱入) 31692


ふたり暮らしが始まると、家計をどう負担するか決めると思います。

近年では、片方が全額負担するモデルは影をひそめ、ふたりがそれぞれ負担するのが当たり前になりました。

家計の負担方法は大きく分けて2種類あります。

ひとつは、家計を管理する人に稼ぎをすべて預けて、稼ぎの一部をお小遣いとして配布する方式。

いわゆるお小遣い制。

もうひとつは、家計を管理する人に生活費を預けて、残りは自分のお小遣いとする方式。

いわゆる生活費拠出制。

それぞれに特徴があります。



サラリーマンに多いお小遣い制



お小遣い制は、家計を管理する人のところにすべてのお金を集め、

その中から、各自に一定のお小遣いを配分する方式です。

これは世界中で採用されている最もポピュラーな管理方式です。


会社(使用者)からお金をもらうのに慣れているサラリーマンに多いやり方なので、

多くの家庭に広まったと考えられます。

家庭でも、家計の管理者からお小遣いをもらう方がしっくりくるためです。


お小遣い制は、「夫(妻)が外で稼いで、妻(夫)が家庭を守る」というやり方にフィットしています。

家庭内で分業することで効率的に家庭を運営する方法と言えるでしょう。


家計を管理する人が一人なので、共働きのカップルが導入すると、

管理する人の負担が大きくなるのは問題です。


また、家計を管理しない人はお金に無関心になるのは問題です。

家計に無関心になると問題を管理する人に押し付ける傾向があるので、ケンカの火種となります。


正規雇用と非正規雇用のカップルのような、労働時間に差のある場合は

労働時間の短い方が管理すれば問題を解消できます。

そうでない場合は、家事の分担も含めて負荷を分散する必要があるかもしれません。



自営業者に多い生活費拠出制



生活費拠出制は、家計を管理する人に生活費のみを渡して、それ以外のお金は各自が自由に使う方式です。

労働者に給料を渡すことに慣れた自営業者は、すべてのお金を預けるのに慣れていないため、

お金の一部を家計に配分して運営を任せる方法がしっくりくるようです。


こちらも「夫(妻)が外で稼いで、妻(夫)が家庭を守る」というやり方にフィットするやり方です。

家計の管理が一人に集中する点は問題で、共働きカップルにそのまま適用すると無理が生じます。


生活費拠出制の問題点は、中長期のお金の計画が立てづらいことです。

生活費以外のお金がブラックボックスになっているので、

どれくらいの収入があるか把握しづらく、生活費以外のお金がどのように使われているか把握しにくいためです。


また、生活費を出す人と家計を管理する人両方が、

「相手が貯蓄しているだろう」と思い込んでいることがあり、

お金が必要な時に貯蓄ゼロだと判明して大ゲンカになることも。


中長期のお金の準備をどのようにするか、

貯蓄をどうするか事前にハッキリさせることで問題を解消できます。


共働きのふたり暮らしでは、生活費拠出制を選択するカップルも多いようです。



お小遣い制も生活費拠出制も共働きふたり暮らしにはフィットしにくい



お小遣い制も生活費拠出制も、家計を管理する人の負担が大きくなります。

これはお小遣い制と生活費拠出制が抱える問題で、

ふたりとも同じように働くカップルで導入すると、たいていうまくいきません。

家計簿をつけるのは結構な労力なので、他の家事の負担を軽くするなどの配慮が必要になります。


また、管理しない方は、だんだんお金に無関心になっていくので、

無駄なモノを使ったり、赤字の月でも平気で贅沢したりします。


このような行為は管理する人にとって「怒り」につながるので、

ケンカの火種になりがちです。


家計の管理をしない方が家計に関心を持つこと、

関心を持つ仕組みにすることで問題を解消できます。



共働きふたり暮らしにフィットする共同管理型生活費拠出制



従来のお小遣い制と生活費拠出制は共働きふたり暮らしを前提としていないため、

共働きふたり暮らしにフィットするよう変更すると使いやすくなります。


従来の生活費拠出制はこのような流れです。
20121222家計の流れ表01


共通の財布を管理する人の負担が重くなるのが弱点でした。

また、共通の財布を管理しない人は、家のお金に無関心になるのも問題でした。


管理する人の負担が重くなると、だんだん家計簿をつけるのが面倒になり、

そのうち家計簿をつけなくなってしまいます。

管理しない人はお金に無関心になるので、管理する人が家計簿をつけていなくても

まったく気にならず、家計が管理されていないことへのけん制がされません。



これらの問題を解消するために改良したのは以下の流れです。
20121222家計の流れ表02


生活費を共通の財布に入れるやり方から、

各自が決められた費目を負担する方法に変えたものです。


共通の財布を取り除くことで管理の負担を分散しています。

それぞれが支払いを担当することで、ふたりが関与する仕組みにしています。

各自の支払いをまとめないと家計簿が完成しないため、

怠けている方へのけん制ができます。


一方で、片方が家計簿作成を放棄すると家計を管理できないため、

ふたりで共同管理する意識をどれだけ持てるかがカギとなります。



次回、共同管理型生活費拠出制のルールを説明します。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
-->
トラックバック

http://kumasantomonokai.blog.fc2.com/tb.php/31-d910e6f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。